仮性包茎を自分で治す

包茎で悩む人はたくさんいることでしょう。
真性包茎やカントン包茎のように、手術が必要な人は手術を受けて治すことになります。
今では、仮性包茎の人でも手術を受けて包茎を治す人も決して珍しくはありません。


でも仮性包茎というものは病気ではありませんので、手術を受けるにしてもそれなりの費用が必要になってきます。
その手術を受けなくても自分で治すという方法は少なからずあります。


手術のように確実性はありませんが、一銭のお金もかけずに自分で治せるに越したことはないのではと思えます。
自分で治す方法として、いつも包皮から亀頭を出しておくという習慣が一番の効果的なことです。
たとえば、トイレの際にペニスの包皮から亀頭を出した状態で下着にしまうということや、お風呂の際も常に亀頭を出しておくという方法があります。
これは日常に毎日できることですので、即効性を考えるのではなく、気長に続けていくことで自然と治る可能性が大きく効果として現れてきます。
簡単にいえば、毎日できるだけの回数で亀頭を出してやるということです。
人前では決してできることではありませんので、一人になるタイミングの都度やるだけでも大きな効果が現れてくることでしょう。


注意点も少なからずあります。
包皮口が少し狭いだけで剥いたままにすると、カントン包茎になってしまう恐れが出てきます。
包皮口が狭い人は、亀頭を出しっぱなしにするのではなく、出したら戻すという作業が必要になります。
これを続けていれば、包皮口も自然と緩くなってきますので、こういう状態になったら、上記のような亀頭を出しっぱなしにする癖をつければいいのではと思えます。